12/28/2014

檻と鍵。

ちがうんだよ。


そんなことじゃないんだよ。


どんなに環境が良くなっても


どんなにいい人たちに出会えても


心が囚われているそこから抜け出すのに


それらが必要なわけじゃないんだ



茶番を繰り返したって


ダメなことくらいわかっていて


誰かがやさしく言えば言うほど


その言葉がナイフのように突き刺さるとは


きっとあなたは思いもしないだろう


そう、頭で分かっている


だからこそ苦しむということをあなたは理解できないでしょう



分かっていても


そう一歩を踏み出せるならやっているさ


タイミングがある


人にはタイミングが


それを見測れないから否定も肯定も意見も必要ない

黙ってほおっておいてくれ



ありのままでいいというのなら


這い上がれない今のあたしでもいいじゃないか



結局は


あなたが発するその言葉も


あなたのエゴであるということ


あたしのパフォーマンスがエゴであるのと同じでね



ここまで這い上がるのに20年かかった


あなたに何か言われる筋合いはない


鍵なんて持っていないくせに


檻から出てこいとか言わないで

12/19/2014

20141219 怖かった夢。

怖かった夢。

あたしはショッピングセンターが併設されたマンションの1F暮らしてた。
ふと、コーヒーが飲みたくなり3Fに買いに行こうと部屋を出る。

すると知り合いの(夢の中では)おじさんが現れて話ししながらエスカレーターで2Fへと向かった。

2Fから3Fへ上がるエスカレーターに乗る時、黒いスーツをきて変なゴーグルをつけたおじさんが横をすり抜け1Fへとエスカレーターをかけて降りて行った。
すれ違う瞬間のスローモーション。

感じた違和感をそのままに上がっていく。
知り合いのおじさんは2Fへと消えていく。3Fへとたどり着いた瞬間に、それは始まった。

霧状ものがあちらこちらから噴き出し始めたのだ!!
びっくりしたが、本能的やばいと感じエスカレーターをそのまま上の階へと走り出す。

「上へ逃げろーー!!」

自分が言ってるのか誰かが言ってるのかは分からない。

各フロアでパニックの悲鳴が上がっている。
10Fまで来た時、先がないことに気がつきフロアに出た瞬間、プシャーっと噴き出した霧の中を通り抜けた。

ここまで仕込まれていたか。

と思うと同時に、鼻腔と喉の奥に何かを感じた。

やばい、やばいどうしよう、吸い込んだ。

外へ逃げるしかないのか。
もう一度下へと向かうエスカレーターを下っていく。

足元がおぼつかない。目が霞む。

どうしよう、死ぬのかしらと思いつつどうにかたすけと思い首から下げたスマホに手をかける。

伝えなくちゃ。

そう思いツイキャスを始める。
むせたり鼻たれたりしながら、必死にレポートしようとする。

コメント欄に言ったこと書き込んでください!!

必死に叫ぶけど、見に来ている人にうまく伝わらない。
こういう時に限って知り合いじゃない人しかこない。

どうしよう。

どうしよう。

・・・一回キャスを切ろう。

そう決めてまたすぐ再開しますから戻ってきてくださいと言ってキャスを切った。

誰に電話をかけよう。
やっぱりケーキさんだな!
そう思いガクガク震える手で電話番号を探った。


そこで目が覚めた。

鼻腔と喉に残る違和感にゾッとする。

昔とは違う。フィクションではなく、リアルで起きうるかもしれないと感じる時代だから。

だけど、悪夢はあったかもしれない別の選択肢の消化と言われる。

それに、大丈夫。

夢のこの状況であれだけの事が出来ればあたしとしては、きっと上出来。

でもこの感触を忘れないように生きよう。


これからも生き続けるために。

9/26/2014

夢「怖い・・かも?」

夢を見た。


浅い夢。

Aさんが復習のために人を殺した。

でもそれはお門違い人違いの復讐だった。

Bさんに仕組まれたのだ。

まだAさんが事件を起こす前に、何か感じた違和感を。
あたしがAさんに伝えて居れば。

そうすればAさんは罪を犯さなかっただろう。
なのにあたしは意味が分かっていなくってあの違和感を伝えなかった。

門違いに人を殺したAさんは止める間も無く飛び降りた。崖
から。
目の前で。

あたしは間に合わなかった。

2回も彼女の手を掴んでやることができなかったのだ。


ショックの叫びで目が覚めた。
胸が猛烈に痛く長い間動けなかった。


あたしの中にある何かが、いく度となくこういう夢をみさせるのだろうか。

それを知らないといけない。
かなり恐ろしくはあるが。
多分、そこに気づくタイミングが来たから色んなパズルが動き出した。

新月の嘆き。

さようならという言葉を。

何度も何度も反芻す。

さようならという思いを。

何度も何度も思い出す。

さようならといった人を。

何度も何度も責めている。


うごめく脳のその奥で

あたしはいつまで籠るのだろう。

握りしめた手のひらを

開くその日は来るのだろうか。

差し伸べられるその手には

何か温かいものがあるのだろう。

ただ恐ろしくて手を出せず

傷つける事が怖いのか。

誰かを傷つけるのか。

自分を傷つけるのか。

その手を取ることが本当は

誰のためにもなるという事を

あたしはまだ認めたくないのだろう。

今まで何だったのか。

これからどうしたいのか。

まだ見えないのか、見ないのか。

さようならという言葉を。

何度も何度もつぶやくけれど。

さようならという言葉を。

まだ声に出せない。

4/21/2014

その石をどうするのか。

あぁ あたしは何と無能なのだろうか

幾度となく 繰り返されてきた愚問だ

真実の所 そんなことは人生には関係ないのだろう

それでもなお 幾度とかなくあたしの中で繰り返されてしまうのは

さかのぼり さかのぼり ずっとずっと昔から

繰り返されてきた ずっとずっと昔から

細胞に 刻み込まれている記憶

それが容易に引きずり出される

自分の癖だったり 誰かの口を通じて ニュース 本 映画 歌 

繰り返し その都度消していくしかない

時間はかかっても

出てくる度に 繰り返し 繰り返し

水滴が石を削るように

ゆっくりと 何度も

いつか その石が輝き 美しく形作られるまで

何度でも そう 何度でも

あたしは 泣いてやろうじゃないか



3/29/2014

あたしは底に沈み溺れていこう

溺れそうなのかもしれません

息が詰まっているような

いや しかし 

ゆったりと沈んでいくような

どこまでも底に向かってしずんでいくような

いや しかし

あたしという個がいっこうに消える気配もなく

ただの思い過ごしなのだと思うのだけれど

個体としてのあたしはそのままに

目に見えない部分のあたしという定義が

どんどん拡がっていく

それに反比例して世界という定義が

どんどん曖昧になり

それはあたしが世界なのか

世界があたしなのか

分からなくなる

そうか

そのつなぎ目に

あたしは息苦しく

溺れそうになっているのかもしれない

そのつなぎ目を乗り越えたらな

どんな意識が待っているのだろう

どんな宇宙が待っているのだろう

少し楽しみに

あたしは底に沈み溺れていこう

3/28/2014

19:Maenad

外へ出て踊りなさい

大地の躍動するエネルギーを感じ

足を踏みならそう

私は巫女

貴方のエネルギーを解き放つ鍵をあけてあげましょう

声をあげて歌いなさい

大気のエネルギーに感じるままに心を解き放ちなさい

貴方も巫女

宇宙のダンスを踊り倍音の歌を歌いなさい

今が力を解き放つ時

今が目を覚ます時


全てと一体となれ




From "LES VAMPIRES" CARD

2/27/2014

ガハハと笑う事だ。

がははと笑う事だ



ディープな泥沼かもしれない所まで踏み込んで

それでもそこから小さな光を見つけ出そうとしている人たちはよく笑う


ニッコリ笑顔ではない

爆笑する

ガハハと笑う

笑うしかねぇし!!とかいいながら

ガハハと笑いながら

立ち向かう


どんなにか心が苦しくても

時に涙しても

そんな時もあっても

またネタを探しては大笑いする


強さとは笑えることではなく


ガハハと笑って再び立ち上がる力を絞り出す事なのだ


誰にだってできる


ガハハと笑おう


そしてまた右足を泥の中から引っ張り出し

一歩前へと踏み出そう。


少し疲れたら

休んでもいいし

悲しくなったら泣いてもいい


ただひとしきりやったのなら

またガハハと笑って左足を引っこ抜こう


いつかたどり着ける

光の場所を目指して


今日もあたしもガハハと笑おう




2/23/2014

崩壊する世界

少しずつ 崩壊する世界


それは ぼーっと生きていたら

いよいよもって足元が崩れるまで気がつかない

いや 怖くて気づかないふりをしている

めんどくさいから?

どうでもいいから?

いや あなたは 怖いから知らん顔しているだけだ

勇気の問題でも

根性の問題でもない

愛を持って生きているか

たどり着くのは その一点かもしれない

世界への愛

他人への愛

子供への愛

自分への愛

その愛を自分が持っている自信がないから

愛されているとも思えない

だから どうでもいいとか

だから めんどくさいとか

そんなくだらないことを言いながら

崩壊する世界を傍観している

心の中で 恐怖と不安を抱きながら

崩壊の先に何があるのかを知らずに



崩壊した世界の向こうには

新しい世界が待っている

ザクザクっととっとと自分の足元を崩しちゃって

新しい世界へのえいやっと飛び込んで行こうとあたしは思うのよ

あなたはどうする?

少しずつ崩壊する世界は

決して止まらない

新しい光の方へと 世界は突き進んで行く

メメント・モリ


1/20/2014

トオクヘ

トオクヘ


トオクヘト

キゴウノコトバガ ナガレユク

ドンナニオモイヲ コメタトシテモ

キット オモイハ トドカヌデショウ

トドカヌヨウニ オクルノデスカラ

カナワヌ コイハ ソノママニ

ソット オイテオイタホウガ

イイキガシテ

ブリザードフラワー ノヨウニ

ケースニ イレテ エイエンニ

カナワヌ コイヲ ナガメテ イマショウ

ケッシテ アナタニ トドカヌヨウニ

トオイ トオイ アナタノモトヘ

キゴウノコトバヲ ソレダケヲ

タダ ソレダケヲ オクリマショウ