11/09/2017

月のかみさま

本当に月って一つしかないのだろうか

そう思って見上げる

何個もある設定の世界もあるかもね

月齢の月は毎日誰かが入れ替えてるんだ

親指と人差し指でちょいっとつまんでね

僕がぐっすり寝ている間に

取り替えられるんだ

太陽は燃えているから無理かもね

だから月だけちょいと取り換えるんだ

だから早く寝てあげないとね

指をペチペチ待っている

おやすみ

月のかみさま



9/10/2017

うちには家族がいても味方はいない。


だから。

君に会いたい。

でもあってなんて言えばいいんだろう。

8/23/2017

まぁそのうち言っちゃおうとは思っている。

好きだと言えるのはとても幸せなこと。

言えるのならば、どうか伝えてください。


それは伝えることの幸せと。

その言葉を発することができる体の幸せと。

もしも明日世界が終わっても、想いを伝えられたという幸せと。


それは言えない今のあたしには到底手に入れられない幸せなのです。


8/22/2017

会いたいです。

6/26/2017



あまりにも理不尽だ。


伝えたい人には伝わらないかも知れない。


それでもあたしはどこかに向かうんだ。






自分を大事にして思うように生きた方がいいと言われる。






そうしたいんだ。






だから足を踏み出し続けるけれど、どうしたら躓かず進めるのか。


というか、そのあたしの足を掬おうとするものをどうやったら押しやれるのだろう。

5/30/2017

返ってこないボールを投げ続けることは

どういうことなのか

良いのか悪いのか

返ってこない以上

分からない

ただ

投げ続けたいから投げている

だって

どのくらいそれが届いているのかも

分からないから

途絶えさせることの方が

今の僕には

できないんだ